Date
Breast Cancer Ribbon

ご家庭でも防犯カメラを設置して安全対策

posted by:
admin

今では街中で防犯カメラが目を光らせている事が当たり前の時代となりましたが、それだけではまだ充分ではないと思われている方もいるんじゃないでしょうか。そんな方々の需要に応えた家庭用の防犯カメラというものがあるんですが、やはり自分の安全は自分で守るという意識をこれからは持っていかなければならないのかもしれません。
この家庭用の防犯カメラは最近ではかなり価格の安いものが増えてまいりましたが、より安全性を求めるのでしたらやはりお値段は多少高くなってしまいますが、様々な機能が付いている物を選択したほうが良いと思います。夜間にしっかりと監視したい場合は赤外線が搭載されているものだったり、屋外で使用するものですので防水防滴性能の高いカメラを選ぶこともポイントだと思います。
また複数の防犯カメラを設置することがより安全性を高めることになるのは言うまでもない事ですが、コストの面でネックになると思われているかも知れません。そんな時にはメインの防犯カメラに加えてダミータイプのカメラを付ければ犯罪に巻き込まれる確率は下がるかと思います。

hr

防犯カメラの性能がどんどんアップしています。

posted by:
admin

近年は万引きなどの手口も巧妙化してきている為、コンビニなどの店舗には防犯カメラの設置が必須となってきています。
一昔前の防犯カメラは画素も20万~30万画素程度、画像はモノクロが主流でしたので、人の出入りや服装はなんとかわかっても、人の顔が認識できるほどの性能はありませんでした。
しかし現在の防犯カメラは非常に性能が良くなってきており、画素は100万画素以上が当たり前になってきていますし、映像もカラーが主流になりつつあります。
オートアイリスといった自動で絞りを調節する機能がついたカメラも登場しており、外に設置したカメラでありがちな白飛びや暗くて画像が分からないといったこともなくなりつつあります。
しかも面倒な配線をする必要が無く、無線で映像を飛ばして録画できるようになりました。
録画に関しても、昔のような専用の防犯テープやビデオデッキを使用する必要が無くなり、パソコンや専用のHDDに何百時間も録画が可能になったため、少し前の万引きなどの盗みなども簡単に調べることが出来るようになっています。
警察などに提出する場合にも、SDカードに簡単にダビングできるため、非常に利便性が上がっています。
何かが起きる前にやはり防止策は必要ですから、高性能な防犯カメラは犯罪防止に役立っているのではないでしょうか。

hr

一般家庭で防犯カメラを設置するポイント

posted by:
admin

日本防犯設備の防犯カメラはどこよりも高機能です
物騒な事件も多い昨今、一般家庭でも防犯カメラの設置をする人が増えてきています。
一般家庭で防犯カメラを設置する目的としては留守や就寝時などの泥棒対策が一番多いのではないでしょうか。
防犯カメラにも色々な性能がありますので、目的や設置場所により適したものを選ぶ必要があります。
一般家庭に防犯カメラを設置する場所としては泥棒が侵入しやすい玄関やベランダなどが一般的だと思います。
雨風の影響を受けない場所に取り付けられるのであれば問題ありませんが、そうでないのなら防水仕様のものを選ぶようにしましょう。
また、夜間に侵入しようとする泥棒の顔や特徴をしっかり捉えたいのであれば暗視機能付きのものを選ぶ必要があるでしょう。
設置する時には目につきやすい場所であれば犯罪を抑止する効果も期待できますが、中にはカメラを破損して犯行に及ぶ者もいます。
出来れば目立つところにダミーのカメラを置いておき、実際に仕様する防犯カメラは分かりにくい場所に設置するのがおすすめです。

hr